介護のお仕事エピソード

私たちのショートステイの朝ごはん

ユニット型で10人定員、その人数は毎日違う。 10人いる日もあれば、午後から家に帰られる人が5人いたり。 夜10人を見る夜もあれば、3人だけの夜もあって、日々変動がある。 1日の流れは大まかには決...
その他

医療従事者というプレッシャー

コロナに気を付けていたら、インフルエンザが流行り、 気が付けば胃腸炎が流行っていて、 一年中何かしら病気が流行って、ため息が出る毎日。 職場には保育園、小学生の子供がいるスタッフがまあまあいて、 ...
介護のお仕事エピソード

脳トレで認知症予防

脳トレを積極的にしている方の表情ははつらつとしている。利用者様の様子を書きました。おすすめの脳トレ本も紹介。
介護のお仕事エピソード

コロナウイルスで亡くなった 2

スケジュール表の(死亡)に愕然としながらも、スケジュール管理しているスタッフに聞くと、 以前から心不全で入院を勧められていて入院したが、 その後コロナにかかり亡くなられたとのことだった。 年末からコロナ感...
介護のお仕事エピソード

コロナウイルスで亡くなった 1

「もう1日伸ばしてほしい」とショートステイの帰り際話していたおばあちゃん。 初めてショートステイを利用した時はナースコールが多く、 「布団をかけてほしい」 「ご飯は何時?」 「目薬がなくなった」 ...
その他

おばあちゃんに会いに行こう

今年の正月、ショートステイが始動して初めての正月。 ある家族様は正月に親戚に会うために神奈川から大阪に来て、ショートステイに泊まっているおばあちゃんに会いに来てくれた。 「喋ったりしますか?」 「ご飯食べ...
介護のお仕事エピソード

トイレ嫌いの人へのトイレの誘い方

介護する=食事、トイレ、お風呂…を思い浮かべることが多いと思う。 中でもトイレ介助は一日何度も関わる場面。 あるおじいちゃんはトイレに行くのが好きじゃない。 面倒なのか、寝ていたいのか、漏れてても知らんぷ...
介護のお仕事エピソード

選挙のように名前をひたすら伝えてくれるおばあちゃん

毎日大なり小なり色んなエピソードが作られ、面白おかしく、楽しくて仕事できて幸せだ。 あるおばあちゃん。 認知症で話が噛み合わないことのほうが多くて、噛み合ったと思った瞬間会話が明後日の方向に行ってしまったり、そのやり取...
介護のお仕事エピソード

初めての看護実習生

1月中旬、3人の看護学生が実習に来た。 担当の利用者を選定するけど、日々入れ替わるショートステイ。 ようやく打ち解けたかなと思えば、翌日家に帰られたり、関わる時間が限られている中 本当に頑張っていた。 ...
介護のお仕事エピソード

石川地震の日、遠く離れた大阪でも揺れた

1月1日、石川県の地震があった時。仕事を終え、帰る時にトイレ誘導中の同僚が『濡れてるー!!』と叫んだ。『え?!あまり失禁しないのに珍しいね』と別の同僚と話しながらトイレ近くまで行くと、『揺れてるー!!』の間違いだったことにすぐ気づいた。乗り...
タイトルとURLをコピーしました